ニュース!靖国参拝に中国は…

ニュースです!ご存知かとは思いますが、本日、小泉首相がまたしても靖国神社を参拝しました。以下は各メディアによるニュースです。

【北京17日時事】華僑向け通信社、中国新聞社は17日、外国通信社の報道を引用する形で小泉純一郎首相が靖国神社に参拝したことを報じるとともに、「靖国神社は日本の過去の軍国主義の象徴であり、今回の行動は日本の隣国を激怒させるはずだ」とする評論家のコメントを紹介した。(時事通信)

【北京17日共同】中国の王毅駐日大使は17日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を受けて「中国政府は小泉首相のいかなる形式での靖国参拝にも断固反対する」との談話を発表した。中国側が対日姿勢を硬化させるのは必至で、従来の首脳相互訪問拒否に加え、経済、文化など政治以外の分野で報復的な措置に踏み切る可能性も否定できない。
 中国では同日未明の有人宇宙船「神舟6号」の無事帰還で祝賀ムードが広がっていただけに、首相の靖国参拝で冷や水を浴びせられた形だ。新華社通信は、靖国参拝をただちに報道した。
 胡錦濤国家主席は9月3日の演説で、日中関係に多くの時間を割き対日重視を堅持する姿勢を表明。中国としては、抗日戦争勝利60周年の一連の記念活動に一区切りを付け、関係改善の機運をつくろうとしていた。(共同通信)

そして中国語による同じ内容のニュースです。以下のソースはすべて新華網から引用しています。

新华网东京10月17日电(记者冮冶)日本首相小泉纯一郎不顾日本国内外舆论的强烈反对,于17日上午再次参拜了供奉有甲级战犯牌位的靖国神社。这是小泉2001年4月就任首相以来第5次参拜靖国神社。
战前,靖国神社既是国家宗教设施,也是军事设施,它从一开始就与军国主义有着密不可分的关系。在日本对外侵略中,军国主义势力利用靖国神社煽动崇拜天皇、为天皇陛下赴死的军国主义情绪,为侵略战争服务。战后,靖国神社改为独立的宗教法人,但其作为军国主义精神支柱的影响依然存在。1978年,东条英机等14名甲级战犯被作为“昭和殉难者”祭祀于靖国神社。
包括中国人民在内的亚洲各国人民始终坚决反对日本领导人参拜靖国神社,认为日本领导人的这一举动严重伤害了受害国人民的情感。中国政府一贯认为,只有正确认识和对待历史,坚持“以史为鉴、面向未来”,才有利于中日睦邻友好关系的健康稳定发展,有利于日本取信于亚洲邻国和国际社会,符合日本人民的长远利益。(完)
中国驻日大使强烈谴责小泉参拜靖国神社
中国驻日本大使王毅17日上午就日本首相小泉纯一郎参拜靖国神社一事发表谈话,强烈谴责小泉参拜靖国神社。
王毅说,中国政府坚决反对小泉首相在任何时间、以任何形式参拜供奉着日本甲级战犯的靖国神社。他还说,17日是中国的神舟六号载人航天飞船胜利返回之日,中国人民正在庆贺,小泉在这一天参拜靖国神社也是对全体中国人民的严重挑衅。

口惜しいのが、最近になって胡錦濤国家主席が、日本に対する政策を転換する意向であると表明した矢先であることです。これでまた、中国では暴動が、日本では反中意識がまたしても高まってしまうのでしょうか。すでに北京の日本大使館は、「中国当局は靖国参拝に一貫して厳しい態度を示しており、中国政府や民衆から強い反応が示されることもあり得る」として、在留邦人に緊急注意を呼び掛けています。
私としても、翻訳者、日中友好を旨とするものとして、非常に口惜しいです。以前の靖国参拝の際にも、翻訳の仕事は激減してしまいました。(暴動を恐れた日本企業が中国進出を手控えたため)中国のテレビを見ると、最近ずっと「神舟」のことが報道されていて、お祭りムードだったのに、こんなニュースをこの時期に…と思うと、残念でなりません。また。皆さんはどう思われますか?また、カテゴリ「日中関係」の私の翻訳記事もご参考に読んで頂きたいと思います。
[PR]

by saiko-ch | 2005-10-17 13:47 | 日中関係