中上級中国語講座

大家好!またまた時間があいてしまって大変失礼致しました~!忙しいのはよいことなのだが、寝る暇もなく忙しい時期もあれば、一週間近くも依頼ナシという時期もある。フリーランスの翻訳者になるには、この不安定さを覚悟せねば…と実感する毎日です。いや、売れっ子さんはきっといつも忙しいのでしょうが。。
さて、中国語講座の始まりです!先日の解答からです。

①检察官证实了被告有罪。
②主治医生竹泽说不生气是最好的药。
③他像是波兰贵族出身,是位彬彬有礼的将军。
④我有个亲戚嫁给了田中的孙子敬太郎。
⑤我乘的二等车车门哗啦一声被打开了。
⑥京之介对她的赞美不是虚假的。
⑦她丈夫有时做直径60cm的比萨饼。
⑧她还没结婚,但有一个11岁的女儿。
⑨我跟在花子后面爬上了小棚子后的砂岗。
⑩那板壁中好像有蜜蜂窝。

では、本日も「減訳」のお話を致しましょう。
日本語の特徴として、形式体言、つまり「~のこと、~のもの」という文章を中国語に翻訳する場合、訳出しなければならない場合と、訳出しなくてもよい場合とが出てきます。そして中国語では、動詞、形容詞が主語などになる場合には、「~のこと、~のもの」という言葉を訳出する必要は一切ありません。例としては…

①欧米で日本の工業製品がよく売れる“の”は、当たり前のことである。
 日本的工业产品畅销欧美是日所当然的。

②行く“こと”は行きますが、早く行きたくはない。
 去是去,但不想早去。

③護衛官が私を引き出す“の”に必死でした。
 警卫拼命把我往来外拉。

④アメリカは侵略に対してのみ攻撃を行うという“こと”を述べている。
 美国表示仅仅对付侵略时才进行攻击。

上記の①は主述連語が主語になっています。(主語と述語からなる連語)②は動詞が主語になっていますね。③では動賓構造(動詞が名詞の前に立つ文章構造)が動作の対象になっています。④では動賓構造が賓語(目的語)となっています。こういう場合は中国語に翻訳するときには、必ず減訳しなければなりません。
ただし、です。すべてにおいて当てはまるわけではないんですね~。例えば、その指し示す言葉が、「人」、「物」、「事象」であった場合、その時には必ず、「的」を訳出しなければなりません。例えば、

①カメラの部品を新しい“の”に取り替える。
 把照相机零件换成新的。

②柿が欲しい。大きい“の”を下さい。
 我要柿子,给我大的。

③あなたの言った“こと”は、誰でも知っている。
 你说的谁都知道。

①の「の」は部品を示しています。②の「の」は柿ですね。③の「こと」は言ったこと(動作)ではなく、その言った内容を示しています。だから①、②と同じことになるのです。

さあ、それでは例題に挑戦してみましょう!

①僕は1時30分のバスで帰ることに決めた。
②我々としては、提案を出すことが重要だ。
③当面の緊急政策となったのは、財政改革の完遂だった。
④私は閣下が平和のために、努力を続けておられることに対して深く感謝致します。
⑤母が吹き出したいのをこらえているのが分かった。
⑥満員電車の中では、譲り合うことよりも、押し合う姿勢をとらざるを得ない。
⑦若い先生も学生も、2階に行くのでさえ、このエレベーターを利用する。
⑧あそこに立っているのが僕の妹だ。

最後にお知らせです。この中国語講座、ビジネス単語集、通訳ガイド試験対策など、学習教材となりそうなもののみ、以下のサイトでも見ることができるように致しました。このサイトはブログではないので、まとまって見ることができて便利ですよ♪ちなみに、このサイトは、楽しくて使える中国語を学ぶために、最適な教材を提案するオンラインショップです。中国語学習に耳寄りな情報が満載されてありますので(現在、日々更新中)、是非ご訪問してみて下さいね!
楽しく学ぶ中国語教材情報
「ホットチャイナ」"
[PR]

by saiko-ch | 2005-11-21 11:53 | 中国語講座