翻訳者のひとりごと

またか、という感じです。
以前にも文書翻訳の最中に、中国当局から文書を日本語化することに対するクレームが来て、翻訳作業が中断になったことがあった。今回は字幕翻訳の仕事が決まった矢先に、又しても当局側から映画内容についてのクレームが・・・。。
日本の首相の動向によって抗日運動が勃発、それに伴う日本企業への影響、そして翻訳業務の減少・・・中国語翻訳を仕事としていると、本当に政府その他の政治的影響をもろにうけてしまうなぁとつくづく実感します。
とにかく、中国も日本ももっと仲良くして、この小さな翻訳者にも仕事を下さい!そしてもっと言論の自由、出版の自由が確保されて欲しいと願う今日この頃でした。
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-09 17:11 | 翻訳者のひとりごと