中国語大好き!―我熱愛漢語!

靖国と中国語

ニュースな中国語
元のサイトで完全版を読む
日中関係、いろいろありますね・・・ ともかく、日中友好を旨として努力されている皆様方、どんな時もともに手を携えてがんばって参りましょう! 以下は最近の中国語ニュース、そしてその(ほぼ)対訳日本語ニュースなどなどです。どんな風に翻訳されているか、勉強しましょう♪ 中国外交部强烈抗议日首相小泉再次参拜靖国神社 2006年08月15日 07:58:07  来源:新华网 新华网北京8月15日电 中华人民共和国外交部15日发表声明,强烈抗议日本首相小泉纯一郎再次参拜靖国神社。声明全文如下: 今天,日本首相小泉纯一郎又一次参拜供奉有二战甲级战犯的靖国神社。中国政府对这一严重伤害日本军国主义侵略战争受害国人民感情、破坏中日关系政治基础的行径表示强烈抗议。 靖国神社供奉的二战甲级战犯,是日本军国主义发动和实施对外侵略的策划者和指挥者,是近代史上给亚洲和世界造成巨大劫难的祸首。小泉首相无视国际社会、亚洲邻国和日本人民的关切和反对,执意参拜供奉有这批战犯的靖国神社,是在挑战国际正义,践踏人类良知。 中国是日本军国主义对外侵略战争的最大受害国,中国人民在日本侵华战争中蒙受了深重灾难。正确认识和对待这段历史,是战后中日关系得以恢复和发展的政治基础,也是两国共同面向未来的重要前提。小泉首相不断在历史问题上伤害中国人民感情,不仅失信于国际社会,也将失信于日本人民,损害日本的国家形象和利益。 维护中日关系的健康发展,符合两国人民的根本利益,有利于亚洲及世界的和平与稳定。中国政府和人民将与所有珍视并致力于中日友好的日本政治家和广大日本人民一道,在中日三个政治文件的基础上,本着“以史为鉴、面向未来”的精神,坚持不懈地致力于两国和平共处、世代友好、互利合作、共同发展。我们相信,日本各界有识之士将顺应历史潮流,致力于消除政治障碍,推动中日关系早日回到正常发展的轨道。(完) ソース 中韓反発、大使呼び抗議・小泉首相の靖国参拝  【北京=桃井裕理】中国外務省は15日、小泉首相の靖国神社参拝について「日本軍国主義侵略戦争の被害国人民の感情を著しく傷つけ、中日関係の政治的基礎を破壊した行動に強烈に抗議する」との声明を発表した。首相の過去5回の参拝時の対応に比べ、参拝の約30分後の声明発表は異例の早さといえる。李肇星外相は現地時間の午前、宮本雄二駐中国日本大使を呼んで直接抗議した。  声明は「意地を張って参拝することは国際正義への挑戦であり、人類の良識を踏みにじる」と首相の行動を非難。半面「日本各界の有識者が中日関係を正常に発展する軌道に戻すよう努力すると信じている」と強調し、日中関係改善に期待をにじませ、暗に日本の次期首相の慎重な対応を促した。 ソース ★PR★ 大特価オススメ中国語教材! ヤフーオークション   日本社民党党首批评小泉参拜靖国神社 本报东京8月13日电 记者曹鹏程报道:日本社民党党首福岛瑞穗12日在仙台进行演讲时,再次批评了日本首相小泉反复参拜靖国神社的做法。   针对小泉有可能在今年“8·15”参拜靖国神社,福岛质问道:“小泉首相声称‘绝不是肯定战争’,可是靖国神社里却合祭着甲级战犯,小泉首相对发动了战争的那些人的责任怎样想?”同时福岛还指出:“我们应该思索一下,日本的最高权力者在终战之日去靖国神社参拜,这种行为会给国民和亚洲诸国,乃至世界送去什么样的政治信号?”福岛呼吁小泉放弃在其首相任内第六次参拜靖国神社的企图。   新华社东京8月11日电 日本和平遗族会全国联络会11日发表声明,要求小泉首相中止参拜靖国神社。   声明说:“我们认为,先前的那场战争不是自卫战争,而是给中国等亚太地区国家和人民带来难以想象的‘战争惨祸’的侵略战争。我们不能忘记靖国神社作为军国主义的精神支柱所起的作用。”   声明指出,小泉一方面反复参拜靖国神社,一方面又指责日本国内外对他参拜行径的批判,如果小泉不愿在参拜问题上遭到批判,最好的办法就是中止参拜。   日本和平遗族会全国联络会是一个由主张和平的战死者遗属组成的市民团体。该团体对日本过去发动的侵略战争表示反省,反对日本领导人参拜靖国神社。据悉,该团体计划在“8·15”日本战败纪念日举行要求小泉中止参拜靖国神社的集会和游行。   新华社东京8月13日电 (记者吴谷丰、何德功)中国台湾、日本和韩国民众13日下午在东京举行集会,反对日本首相小泉纯一郎参拜靖国神社,要求日本正视过去侵略亚洲各国的历史。   中国台湾原住民、日本市民和韩国民众约1000人参加集会。台湾地区民意代表高金素梅在集会上说,她是第十次来日本,但目的只有一个,那就是要求靖国神社归还台湾原住民的祖灵,要求日本政府正视过去对台湾实行殖民统治的历史。靖国神社是美化侵略战争的神社,它无权将台湾原住民的祖灵和残害台湾原住民的凶手合祭在一起。这是无视台湾原住民人权、文化权和信仰权的暴力行为。日本政府必须正确对待历史,只有这样才能迎来亚洲的和平。   韩国国会议员金希宣说,日本不仅不对过去的侵略历史进行反省,反而将甲级战犯作为“英灵”供奉在靖国神社,这是对曾经遭到日本军国主义践踏的亚洲各国人民的亵渎。她对小泉参拜靖国神社提出抗议。   日本东京大学教授高桥哲哉指出,小泉先后5次参拜靖国神社,违反日本宪法的“政教分离”原则。小泉近日又扬言要再次去参拜,这种富有挑衅性的言行令人愤慨,一定要设法阻止小泉进行参拜。靖国神社合祭约5万名中国台湾、韩国和朝鲜阵亡者,极大地伤害了遗属的感情,归还他们的祖灵是理所当然的事情。   晚上,集会参加者在靖国神社附近举行烛光游行,要求靖国神社归还台湾原住民祖灵以及将韩国和朝鲜阵亡者的牌位移出,并反对小泉再次参拜靖国神社。 《人民日报》 (2006-08-14 第03版) 社民党の福島党首は、仙台市で講演し、「日本の最高権力者が終戦の日に靖国神社に参拝することがアジア諸国などにどういう政治的メッセージを送ることになるのか考えるべきだ」と述べ、小泉総理大臣は靖国神社に参拝すべきではないという考えを強調しました。  この中で、福島党首は、政府・与党内で小泉総理大臣が終戦の日を含めその前後に靖国神社に参拝するのではないかという見方が出ていることについて「小泉総理大臣は『決して侵略戦争を肯定しているのではない』と言うが、靖国神社にはいわゆるA級戦犯が合祀されており、小泉総理大臣は戦争を指導した人たちの責任をどう考えるのか」と述べました。  そのうえで、福島氏は「日本の政治のトップであり最高権力者である小泉総理大臣が終戦の日に参拝するという行為が国民やアジア諸国それに世界に対してどういう政治的メッセージを送ることになるか考えるべきだ」と述べ、小泉総理大臣は靖国神社に参拝すべきではないという考えを強調しました。 NHKニュース 8月12日 22時28分 ★PR★ 「こどもに教えたい中国語」サイト無料で見られる、字幕やピンインのついた中国語アニメや童謡などが盛りだくさん! こどもに教えたい中国語
もっと見る