中国語大好き!―我熱愛漢語!

北京で開幕、2007年日本映画祭

ニュースな中国語
元のサイトで完全版を読む
みなさん、今年は何の年でしょう?って、もちろんイノシシ年なんですけどね。 しかしそれ以外にも、何を隠そう、今年は「中日国交正常化35周年」なんですよねー!各地でいろいろな記念式典が催されているようです。その中の一つがこれ↓人民日報からのニュースです。 [北京で日本映画祭開幕 セレモニーに藤竜也、周迅ら] 中日国交正常化35周年となる今年の記念活動のひとつ「2007年日本映画祭」が15日、中国国家広播電影電視総局(放送・映像作品部門)・電影(映画)管理局、日本文化庁が主催のもと北京で開幕した。  同映画祭の開幕式には、俳優の藤竜也、映画監督の三原光尋、根岸吉太朗、シナリオライターの加藤正人、プロデューサーの三木和史、二村真一ら各氏が出席した。主催者側はまた、映画監督の霍建起と女優・周迅を「国際映画文化交流推進大使」に任命した。  映画管理局によると、日本側は今回の映画祭を非常に重視しており、最近日本で公開された映画の中から選りすぐりの作品を中国で公開するという。上映作品は「天国は待ってくれる」「村の写真集」「雪に願うこと」「博士の愛した数式」「がんばっていきまっしょい」「HINOKIO ヒノキオ」「ニライカナイからの手紙」「いちご同盟」の8本。(編集IA) ソース ★PR★ 大特価オススメ中国語輸入教材!中国からの輸入教材が満載!! ヤフーオークション 以下はこの日本語文章とほとんど同じ内容の中国語文です。 “2007年日本电影展”在北京开幕 新华网北京3月16日电(记者白瀛)作为“中日文化体育交流年”的项目之一,由中国国家广播电影电视总局电影管理局和日本国文化厅主办的“纪念中日邦交正常化35周年——2007年日本电影展”15日晚在北京开幕。 在为期4天的展映中,8部反映日本年轻人生活的影片将与观众见面,其中开幕影片《天堂也许可待》刚刚在日本公映不到一个月。 据主办方介绍,本次在北京新世纪影院和北京新东安影城展映的《博士热爱的算式》《加油》《机器人奇诺丘》《尼拉伊卡纳伊的来信》《一五同盟》等8部影片,虽然都未在中国公映过,但有些却和中国很有缘,比如《乡村写真馆》曾在2005年获得第8届上海国际电影节最佳影片和最佳男主角两大奖项,而《向雪祈祷》同年在张艺谋任评委会主席的第18届东京国际电影节上获得最佳影片、最佳导演、最佳男主角和最受观众喜爱影片等5项大奖。 日本国文化厅长官近藤信司在开幕式上说,本次展映的影片都是反映年轻人恋情、梦想和烦恼等中日两国乃至全世界共同题材的影片,“希望中国朋友通过观赏电影,真切感受日本风土文化和现实生活,加深两国的相互理解。”广电总局电影局局长童刚说,电影作为“黑匣子大使”,对增进中日两国人民的友谊,对中日关系的改善与发展具有积极意义。 据悉,这些影片的主创人员石田亚由美、腾龙也、三原光寻、根岸吉太郎等将在影展期间与观众面对面交流。 ソース しかし、、、「がんばっていきまっしょい」が《加油》ですか・・・うん、まあ、そうなんだけど。。。日本語の方言や、複雑に詳細に細分化された言葉の微妙なニュアンスやムードを伝えるって、本当に本当に難しい・・っつーか、不可能に近いのですよね。。。 周迅(ジョウ・シュン)といえば、「小さな中国のお針子」で日本でも知られるようになった女優さんですよね。この頃、活躍が目覚しい。私が彼女の演技を観たのは「ウィンターソング」やチャン・ツィイー主演の「夜宴」ですが、特に「ウィンターソング」では、彼女のかわいらしい風貌からは意外な低いトーンの声がなかなか魅力的に感じました。これから楽しみな女優さんですね♪ ★PRオススメ映画★ 金獅子賞受賞!日本未公開映画「三峡好人」DVD
もっと見る