映画「靖国」上映中止

靖国神社を舞台にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」が、上映中止になったそうですね。ともかく、残念なことだと、私は思います。以下、いろいろなニュースを中国語と日本語で集めてみました。

クローズアップ2008:映画「靖国」上映中止 揺れる表現の自由(毎日新聞 2008年4月2日 東京朝刊)
 
靖国神社を舞台にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止が、波紋を広げている。グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が今年2月、日本教職員組合の教育研究集会の会場使用を拒んだのと同じ構図が、映画界にも波及したとみられるためだ。中止を決めた映画館周辺では、右翼団体による抗議活動が確認されている。つづきは
e0030723_16583472.jpg

纪录片《靖国神社》海报

日本电影导演协会强烈抗议纪录片《靖国》遭停映

中新网4月1日电 据日本共同社报道,日本电影导演协会3月31日发表声明,对部分国会议员要求提前试映中国导演李缨拍摄的纪录片《靖国》的举动提出“强烈抗议”。
  要求进行试映的自民党众议员稻田朋美在28日的记者会上表示,“尽管被指责为‘事前审查’或‘侵犯言论自由’,但这不是我的意图”。
  导演协会的声明对此反驳称,试映的要求“将造成今后影片公映的萎缩,且明显是对导演的自由创作活动施加精神压力”。面向国会议员的试映会已经于3月12日进行。
  声明指出,鉴于停映的影院不断增加,“不得不深感担忧”,并强调“任何电影都是根据自由的创意和意志进行拍摄的,应该自由上映”。
ソース

纪录片《靖国神社》在日本部分影院遭停映(图)

以靖国神社为题材,由中国导演李缨执导的纪录片《靖国神社》在日本举行了国会议员看片会,但部分影院还停止上映该片。日本电影界担心这一动向可能侵犯日本的言论自由。日本电影戏剧工会联合会向文化厅等部门发出了质问函。共同社2 9日就此播发一篇题为《靖国神社》的文章説,部分影院遭停映事件,引发了人们对言论自由的担忧。
  电影戏剧工会联合会指出:"看片会是文化厅迫于执政党议员的压力举行的,是可能涉及侵犯言论自由的重大问题。"他们向文化厅递交了要求解释事情经过和今后措施的质问函。就此,文化厅表示:"正在研究应对措施。"工会还向要求举行看片会的自民党众议员稻田朋美发出了"强烈抗议政治介入"的函。
  李缨所属的日本电影导演协会也将于近期发表声明,坚持捍卫言论自由的立场。该协会表示:"我们非常担心今后会出现主动放弃'敏感'题材拍摄计划的动向。"
  《靖国神社》描写了坚持锻造军刀"靖国刀"的工匠对战争和靖国神社抱有的复杂心情。该片刚刚获得了今年香港国际电影节最佳纪录片人道奖。李缨表示:"希望影片能顺利公映。"
ソース

しかしこの映画、香港映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しているそうですよ!

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 
問題作『靖国 YASUKUNI』が最優秀ドキュメンタリー賞を受賞!-香港映画祭-
靖国神社の現実と精神構造に、映画『味』の李纓(リー・イン)監督が挑んだドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』が香港国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。
 本作は靖国神社というそのデリケートなテーマから、以前より国会議員試写や一部映画館の上映取りやめなど、さまざまな人や場所にて、物議を醸していた問題作。
 受賞を受けて李纓監督は「日本での公開を控え、さまざまな困難にぶち当たっている時にこの賞を受賞できて大変うれしく思います。今まで一緒に頑張って来たスタッフ一同にこの賞を届けたいと思います。4月12日、順調に日本での公開を迎えられることが今の私の一番の願いです」と受賞への喜びと、やはり靖国問題に今も揺れ続ける日本で、無事に公開されることを切に望んでいることを明かした。
 『靖国 YASUKUNI』は、軍服を着て参拝する集団や合祀(ごうし)に反対する遺族たちなど、さまざまな思いが行き交う終戦記念日の様子を活写。神社のご神体である日本刀「靖国刀」を作る刀匠にも取材し、靖国刀がもたらした意味を解き明かしてゆく。
ソース

《靖国》获香港国际电影节最佳纪录片人道奖
三月二十六日晚,第三十二届香港国际电影节颁奖礼在香港文化中心举行,李缨(右)导演的《靖国神社》夺得最佳纪录片人道奖,著名导演顾长卫(左一)、电影演员蒋雯丽(中)等出席颁奖礼。 中新社发 武仲林 摄
据日本共同社报道,据电影发行兼宣传公司Argo Pictures3月26日透露,以靖国神社为题材的纪录片《靖国》日前荣获第32届香港国际电影节最佳纪录片人道奖。
该片由旅日中国籍导演李缨执导,描绘了锻造军刀“靖国刀”的刀匠对战争和神社抱有的看法,以及每年战败纪念日(8月15日)时靖国神社的景象等。
日本部分自民党议员认为该片在文化厅下属独立行政法人资助下拍摄完成一事存在问题,本月12日曾举行了面向国会议员的试映会。
该片将于4月12日公开上映。导演李缨表示“能在最艰难的时刻获奖,感到格外高兴。希望影片能顺利上映。”(中新网3月27日电)
ソース

映画『靖国 YASUKUNI』公式サイト
↑予告編もあります。
上記の予告編は短いので、もう少し詳しい情報を・・と思ったら、こんなサイトを見つけました。映画『靖国 YASUKUNI』に関する、李纓監督のインタビュー番組です。映画の内容も少し分かります。(動画)

中国人映画監督、8年を費やしドキュメンタリー映画「靖国神社」を撮影
李纓監督のインタビュー動画

PR:
☆☆こどもに教えたい中国語~中国語教材販売ショップ-全品送料無料!!☆☆


超特価!中国語教材オークション

ともかく、上映されるといいですね・・・

2008.4.7追記
上記の映画、上映が決まったらしいですね!

『靖国』が上映決定!支援ぞくぞくと…5月から全国で順次公開
[PR]

by saiko-ch | 2008-04-02 17:00 | 日中関係

終戦記念日に映画「南京」を再上映

今年は残暑が厳しいですね~!これも温暖化の影響なのでしょうか??
さて、先日8月15日は「終戦記念日」でしたね。
これを記念して、1937年の南京事件を描く米ドキュメンタリー映画が中国・上海で再上映されたそうです。以下はそのニュースです。

終戦記念日に映画「南京」を再上映 上海

中国最大の映画館チェーン・聯和院線はこのほど、終戦記念日の8月15日に、南京大虐殺をテーマにした米国映画「南京」を上海で再上映すると発表した。

上海では「南京」の上映開始から1カ月が過ぎた。上映950回での動員数は5万人を超えている。再上映は15日午後6時からで、上海の主要映画館7カ所に特別上映会場を設置する。

「南京」は第二次世界大戦中の旧日本軍による南京での大虐殺を記録したドキュメンタリー映画で、米国のサンダンス映画祭で賞を獲得した。映画は中国での上映後、真実の力が心に響き、独特の視点で旧日本軍の中国侵攻を見た反戦映画だと、メディアや知識人から好評を得た。(編集ID)
「人民網日本語版」2007年8月15日
ソース

以下はこの映画に関する中国語解説です。

全球关注:美国导演拍摄“南京大屠杀” 电影《南京》签名观看

影片名称:Nanking
中文译名:南 京
导 演:比尔•古腾塔Bill Guttentag
丹•史达曼 Dan Sturman
制 片 人:泰德•里昂丝 Ted Leonsis
比尔•古腾塔Bill Guttentag
迈克尔•捷克伯斯Michael Jacobs
主 演:胡戈•阿米斯壮Hugo Armstrong
罗斯兰 Rosalind Chao
斯蒂芬•稻夫Stephen Dorff
约翰•盖茨John Getz
乌蒂•哈里森Woody Harrelson
国 家:美国

【剧情简介】
这场恐怖的悲剧开始于1937年12月,也就是珍珠港事件发生的前四年,日军攻占中国南京, 肆意屠杀手无寸铁的妇女儿童及无辜平民,三十万人成为冷血日军刀下亡魂,和数以万计的妇女 被强暴凌辱。数以万计的男性平民被来自日本高层的命令集体处死。平民们和已放下了武器的俘 虏被集中捆绑起来,押出城外被砍头、被活埋、被枪刺、或被机关枪扫射处决,或被浇上汽油点 火焚烧...... 滞留当地的十几位西方人士冒着生命危险,运用它们在南京的影响力,和处于人道主 义在南京建立起国际避难区,保护了当地25万南京市民免受日军暴行和免遭杀戮,拯救了南京 市民的英雄主义故事。可谓中国版《辛德勒的名单》。

【影片宣传点】
在美国圣丹斯电影节上,讲述日军南京大屠杀真相的纪录片《南京》举行了全球首映并引起轰动。该片在电影节期间共展映6场,几乎场场爆满,观众总人数超过5000人。《南京》成为在圣丹斯电影节成交发行权交易的少数几部纪录片之一,并最终获得了最佳纪录片剪辑奖。

【首映引起巨大轰动】
《南京》由著名企业家兼慈善家、美国在线公司副总裁特德•莱昂西斯个人投资200万美元拍 摄,曾获奥斯卡纪录短片奖的导演比尔•古登泰格和丹•斯图尔曼联合担任该片导演。
该片自美国已故著名美籍华人女作家张纯如生前的著作(The Rape of Nanking)为蓝本拍摄, 讲述了1937年末日军占领南京后,滞留当地的十几位西方人士出于人道主义建立起国际安全区, 保护近20万名市民免遭日军杀害的故事,从西方人的视角讲述了70年前发生在中国的那场浩劫。
影片通过大量真实的历史图片和文献、当年西方人士留下的对日军屠城暴行的亲笔记录以及对南 京大屠杀幸存者和日军老兵的采访,真实地再现了那段对西方普通观众来说十分陌生的历史。 已有20多年历史的圣丹斯电影节被称为美国独立电影的盛会,参展影片都是好莱坞主流电影 公司之外的独立制片公司和独立电影人。
近年来圣丹斯电影节日益引起媒体的关注,而此次纪录 片《南京》在电影节上引起轰动自然也成了媒体竞相报道的焦点新闻。除了大大小小的娱乐专业 媒体外,美国影响最大的报纸如《纽约时报》、《华盛顿邮报》、《洛杉矶时报》等也都在电影节期 间对该影片在电影节上引起的反响及影片本身作了专门报道。
ソース

尚、監督さんの名前は「ビル・グッテンターグ氏」です。この方、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を2度受賞した有名な監督さんなんですってね~。

で、この情報について検索していたら、以下のようなYou Tubeの動画を発見しました。全編、中国語です。これは上記のドキュメンタリー映画「南京」とは全く別のもので、原題を「南京夢魔-南京大虐殺」といいます。やはり米国人の、Rhawn Josephという方が製作したそうですね。この人は歴史学者であるそうで、大半がニュース映像を繋ぎ合わせたもので、そこに少し生存者のインタビューを加えた内容だそうです(私も全部はまだ観ていない)。

电影 南京大屠杀 中文版 第一部分 Nanjing Massacre Rape of Nanking Part 1《南京梦魇——南京大屠杀》
[PR]

by saiko-ch | 2007-08-17 11:21 | 日中関係

氷を融かす旅

今年は「中日邦交正常化35周年」です。
そして、とうとう現総理である温家宝氏が訪日しました!!
皆さん、連日メディアで取り上げられているので、もうご存知ですよね~
今回の旅、温総理によれば、「氷を融かす旅」(融冰之旅)であるということ。同氏によれば、先日の安部首相の訪中が「破冰之旅」だとしたら、今回の自分の訪日は「融冰之旅」としたいと。
「氷を融かす旅」・・・この言葉、とっても心にしみました。
ただただ両国間の氷が融け、人々の心が少しでも近くなることを祈ります。私も毎日、それだけを夢見て、中国語と格闘しています。バベルの時代から、お互いの言葉がわからなくなってしまった私たち。人間の根源的な罪によって形作られた、そのバベルの壁を乗り越えるかのごとく、翻訳という仕事を通じて、これからも微力ながら、中国語と生きていきたい、そう心から願います。
以下は温家宝総理の国会での発言の全文です。(もち、中国語!)
で、これって、人民網で、音声で聴けるんですよね~勉強にもなるので、是非聴いてみてください↓
視頻回放

以下は演説の全文です。音声と一緒に読むといいかもしれませんね。

  新华社东京4月12日电 中国国务院总理温家宝12日在日本国国会发表题为《为了友谊与合作》的演讲。演讲全文如下:
   为了友谊与合作  ——在日本国国会的演讲  中华人民共和国国务院总理 温家宝  (2007年4月12日 日本东京)
尊敬的河野洋平议长阁下,尊敬的扇千景议长阁下,各位国会议员先生: 
 今天,我有机会到贵国国会演讲,同众参两院议员见面,感到很高兴。我向在座各位,向广大日本国民,致以亲切问候和良好祝愿!向长期以来为中日友好做出宝贵贡献的日本各界朋友,表示衷心感谢和崇高敬意!  
这是我第二次到贵国访问。上一次是在15年前,也是在樱花盛开的四月。日本人民对中国人民的友好感情给我留下了深刻印象。这次我访问贵国,是想了解日本的最新发展情况,更想为中日关系的改善和发展尽一份力,做一份贡献。如果说安倍晋三首相去年10月对中国的访问是一次破冰之旅,那么我希望我的这次访问能成为一次融冰之旅。为友谊与合作而来,是我此次访日的目的,也是今天演讲的主题。
  为了友谊与合作,需要继承和发扬中日友好源远流长的历史传统。在绵延2000多年的交往中,中华民族和日本民族相互学习、相互借鉴,促进了各自的发展和进步。 
  自秦汉以来,种稻、植桑、养蚕、纺织、冶炼等生产技术相继从中国传到日本,汉字、儒学、佛教、典章和艺术也为日本所吸纳与借鉴。日本先后十多次派出遣唐使,阿倍仲麻吕便是其中杰出的一位。他在中国生活了几十年,并担任唐朝的重要官吏,与王维、李白等著名诗人结为好友。鉴真和尚东渡日本,五次渡海失败,以至双目失明,但仍矢志不渝。他第六次东渡成功时已66岁高龄。鉴真和尚把他认为能济世渡人的佛法传到日本,实现了多年的夙愿,前后花了12年。他为发展中日两国人民的友谊献出了自己的一切。去年12月,河野洋平议长在中国文化节开幕式上说过:日本文化传统中散发着中国文化的浓郁馨香,表明日中之间有着割舍不断的因缘。我想说,中国文化传到日本,贵国的先人在保持日本传统文化的同时,又有了许多新的创造和发展。我还想说,明治维新后,日本经济社会快速发展,中国大批志士仁人来到日本,学习近代科学技术和民主进步思想,探求振兴中华之路,促进了中国的发展和进步。中国民主革命的先行者孙中山先生开展的革命活动,曾得到许多日本友人的支持与帮助。周恩来、鲁迅、郭沫若先生等先后在日本学习和生活,同日本人民结下了深厚情谊。
  中日两国友好交往,历时之久、规模之大、影响之深,在世界文明发展史上是罕见的。这是我们共同拥有的历史传统和文明财富,值得倍加珍惜,代代相传,发扬光大。
  为了友谊与合作,需要总结和记取不幸岁月的历史教训。众所周知,中日两国人民长达2000多年的友好交往,曾被近代50多年的那一段惨痛、不幸的历史所阻断。日本发动的侵华战争,使中国人民遭受了深重灾难,人员伤亡惨重,财产损失巨大,给中国人民心灵造成的创伤难以用语言来形容。那场战争也给日本人民带来了巨大苦难和创痛,对此上了年纪的人们至今记忆犹新。沉思历史,使我们更加深刻地体会到:中日和平友好,关乎两个国家的命运和人民的福祉。在一个国家、一个民族的历史发展进程中,无论是正面经验或是反面教训,都是宝贵财富。从自己的历史经验和教训中学习,会来得更直接、更深刻、更有效,这是一个民族具有深厚文化底蕴和对自己光明前途充满自信的表现。
  中国老一辈领导人曾多次指出:那场侵略战争的责任,应该由极少数军国主义分子承担,广大日本人民也是战争受害者,中国人民要同日本人民友好相处。在战火纷飞的年代,聂荣臻元帅在战场上救助日本孤儿美穗子,亲自精心照料,并想方设法把她送回到亲人身边。1980年,美穗子携家人专程去中国看望聂帅。这个故事感动了许多人。战后,有2808名日本孩子被遗弃在中国,成为孤儿。饱受战争创伤的中国人收留了他们,把他们从死亡线上拯救出来,并抚育成人。中日邦交正常后,中国政府为这些遗孤寻亲提供了极大的帮助。至今已有2513名日本遗孤返日定居。他们当中许多人回国后,自发成立了诸如“中国养父母谢恩会”等民间团体,并在中国捐建了养父母公墓和“感谢中国养父母碑”,其中一个碑文这样写道:“我们对中国养父母的人道精神和慈爱之心深深地感激,此恩永世不忘……”。
  在这里,我还想提及一件事。中国北方的港口城市葫芦岛,曾是侵华日军运送石油的地方。就在几座残留的储油罐旁,矗立着一块石碑,记载了战争刚刚结束不久,在交通不便、物资极度匮乏的条件下,中国人民全力帮助105万日本侨民平安返回家园的历史一幕。当年从葫芦岛回国的一位日本女士,深情回顾了她的亲身感受。她说:“无论是200多个日本孩子在石头村寒冷的夜晚得到的救助,还是在遣返途中的沿路救济,无论是东宁老乡救命的干粮,还是葫芦岛酸甜美味的柑橘,都给我留下了深刻印象。善良、宽容的中国人让我们落魄的惊魂得以抚慰,也让我们最终登上了回家的轮船。”去年6月,贵国前首相村山富市先生在参加葫芦岛纪念活动时说:“大遣返真正体现了中华民族的宽宏大量和中国人民的人道主义精神。” 
 中国政府和人民历来坚持向前看,一贯主张以史为鉴、面向未来。强调以史为鉴,不是要延续仇恨,而是为了更好地开辟未来。中日邦交正常化以来,日本政府和日本领导人多次在历史问题上表明态度,公开承认侵略并对受害国表示深刻反省和道歉。对此,中国政府和人民给予积极评价。我们衷心希望,日方以实际行动体现有关表态和承诺。中日和则两利,斗则俱伤。实现两国人民世代友好,完全符合历史潮流和两国人民愿望,也是亚洲和国际社会的殷切期盼。

★PR★大特価オススメ中国語輸入教材!中国からの輸入教材が満載!!ヤフーオークション  

日本战后选择和平发展道路,成为世界上主要的经济大国和国际社会有重要影响的一员。作为贵国的友好邻邦,中国人民支持日本人民继续沿着这条和平发展道路走下去。  为了友谊与合作,需要正确把握中日关系的发展方向。今年恰逢中日邦交正常化35周年。经过中日双方的共同努力,中日关系取得了巨大发展。2006年,双边贸易额由邦交正常化时的11亿美元增加到2073亿美元,两国友好城市多达233对,人员往来超过480万人次。中日友好关系的发展,给两国人民带来了实实在在的利益。中国的改革开放和现代化建设,得到了日本政府和人民的支持与帮助,对此中国人民永远不会忘记。 
 在新的历史条件下,中日两国存在着日益增长的共同利益,面临着需要共同应对的重大课题。基于这样的客观事实,两国领导人就构筑战略互惠关系达成了共识。我们的目标,就是顺应潮流和民心,把中日关系推向新的历史阶段,实现和平共处、世代友好、互利合作、共同发展。为实现这一目标,需要把握以下原则:
  第一,增进互信,履行承诺。中国古代先贤说:“与国人交,止于信”,“与朋友交,言而有信”。日本人也常说,“无信不立”。国与国之间的交往更应以诚信为本。《中日联合声明》等三个政治文件,从政治上、法律上和事实上总结了两国关系的过去,规划了两国关系的未来,是中日关系的基石。不管遇到什么情况,只要双方都严格遵循这三个政治文件所确定的各项原则,两国关系就能顺利向前发展。在这里我还想谈一下台湾问题,因为它事关中国国家的核心利益。我们将尽最大努力争取和平解决台湾问题,但决不容忍“台独”,坚决反对台湾当局推行“台湾法理独立”和其它任何形式的分裂活动。希望日方认识到台湾问题的高度敏感性,恪守承诺,慎重处理这一问题。
  第二,顾全大局,求同存异。应该承认,中日两国在一些具体利益上和对某些问题的看法上存在分歧。但是,这些同我们的共同利益相比,毕竟处于次要地位。只要我们从战略高度、以长远眼光和对历史负责的态度,有诚意有信心,进行对话协商,双方之间存在的问题总是可以找到妥善解决的办法。对于东海问题,两国应本着搁置争议、共同开发的原则,积极推进磋商进程,在和平解决分歧上迈出实质步伐,使东海成为和平、友好、合作之海。
  第三,平等互利,共同发展。中日两国经济互补性强,合作潜力大、前景广阔。经过多年努力和积累,两国经济相互依存度越来越高。中日经济合作是互利共赢的关系,两国经济的发展,对双方来说,都是机遇而不是威胁。昨天我同安倍首相会谈时,一致同意建立中日经济高层对话机制,把两国经济合作提升到更高水平。近期双方应在能源、环保、金融、高新科技、信息通讯和知识产权等领域加强合作。
  第四,着眼未来,加强交流。经济合作与文化交流,是连接国家之间的两条重要纽带。如果说经济合作的目标是实现互利共赢,那么文化交流的目的是沟通心灵。两国领导人已一致同意,加强文化交流和人员往来。青少年是国家的未来和希望,也是中日友好的未来和希望。中方愿与日方一起,组织实施好两国青少年大规模交流计划,为两国人民的世代友好播下希望的种子。
  第五,密切磋商,应对挑战。中日两国同为亚洲和世界的重要国家,中日关系的状况,对地区乃至全球都会产生重要影响。我们需要以这样的眼光,加强协调与合作,共同维护东北亚的和平与稳定,推进东亚区域合作进程,致力于亚洲的振兴。我们也需要以这样的眼光,共同应对全球性问题,包括能源安全、环境保护、气候变化、疾病防控以及反对恐怖主义、打击跨国犯罪、防止大规模杀伤性武器扩散等。中方理解日本拟在国际事务中发挥更大作用的愿望,愿意就包括联合国改革在内的重大国际和地区事务,同日方加强对话与沟通。  各位议员先生:
  中国实行改革开放政策29年来,经济和社会发展取得了举世瞩目的成就。但是,中国人口多,底子薄,发展很不平衡,仍然是发展中国家,实现现代化还有很长的路要走。我们面临着两大任务,一是集中精力发展社会生产力,一是推进社会公平正义。要实现这两大任务,必须推进两大改革,一是以市场为取向的经济体制改革,一是以发展社会主义民主政治为目标的政治体制改革。中国在发展中存在资源、能源、环境等瓶颈制约,但经过多年努力,我们找到了一条发展的新路子,这就是树立和落实科学发展观,建设资源节约型、环境友好型社会,促进经济社会全面协调可持续发展。中国的发展主要靠自己。中国发展了,会对周边和整个世界的发展做出应有贡献。我们将坚持科学发展、和谐发展、和平发展,努力把中国建设成为富强民主文明和谐的现代化国家。中国历来有尚德不尚武、讲信修睦的优良传统。我可以负责任地告诉各位:中国高举和平、发展、合作的旗帜,坚持走和平发展道路,推动建设和谐世界的决心,永远不会改变!
  各位议员先生:
  在扬州大明寺鉴真纪念堂,有一座石灯笼,是1980年日本唐招提寺森本孝顺长老亲自送来、亲自点燃的。这盏灯与日本唐招提寺的另一盏是一对。这对灯火至今仍在燃烧,长明不灭,遥相辉映,象征着中日两国人民世代友好的光明前景。贵国有句谚语:“尽管风在呼啸,山却不会移动”。中日两国关系的发展,尽管经历过风雨和曲折,但中日两国人民友好的根基,如同泰山和富士山一样不可动摇。开辟中日关系的美好未来,要靠两国政府和两国人民的不懈努力。让我们携起手来,为实现中日世代友好,为开创中日战略互惠关系的新局面,为亚洲及世界的和平与发展而共同奋斗!
  谢谢大家!
ソース
この発言について、総理が発言の重要な部分を抜かし、それが故意だったとかそうじゃないとか、話題になってますね~・・・(「日本战后选择和平发展道路,成为世界上主要的经济大国和国际社会有重要影响的一员。作为贵国的友好邻邦,中国人民支持日本人民继续沿着这条和平发展道路走下去。」の部分ですって。。)
故意かどうかについては考え方が分かれるでしょうね・・ともかく、“氷を解かした「温」情訪日”となって欲しいと祈るばかりです。。
(人民網「35周年記念」)
e0030723_2251184.jpg

こども向け中国語カード
こども向けの中国語教材です。厚紙なので赤ちゃんにもOKです。きれいなカードですのでインテリアにもGOOD!子供さんや初心者に特にオススメの教材です。
[PR]

by saiko-ch | 2007-04-12 22:57 | 日中関係

「温故一九四二」

2006.5.17追記

すみません…最近、全然更新できていない…この頃、ミョーに忙しい、です。どうしてこう、波があるんだろう。。
一つ、お知らせです!
この度、「日本に住む人の中国語情報」というサイトを立ち上げました!
これ、実は在日中国人の方々のための情報サイトなんです。都道府県の行政の中国語HPから医療、生活、学習など、さまざまな日本についての中国語情報が網羅されています。
もちろん、ほとんどすべて中国語。でも書かれていることは日本の情報。だから中国語楽手巣者にも勉強になるかな~?と思います。以下、ちょっとのぞいてみて下さいね♪
日本に住む人の中国語情報

大家好!黄金周もあとわずかですねー!皆さん、どうお過ごしでしょうか?
今日は中国語講座はお休み、ちょっと気になる記事があったのでご紹介致します。
皆さん、この記事は読まれましたか?

「戦争の飢えを日本軍が救った」中国の作家が異色ルポ」
日中戦争さなかの1942年、大干ばつに見舞われた河南省の人々を救ったのは、なんと日本軍だった――。そんな史実を描いた、中国人作家のルポルタージュが日本語に翻訳され、注目を集めている。
主題は日本軍の「美談」ではなく、人間の「生きる」という営為は政治や戦争の善悪を超えるということ。人々の生活こそが歴史を作るとの作者の主張は、政治対立に翻弄(ほんろう)される日中関係に新たな視点を提供している。
 この作品は北京在住の人気作家、劉震雲氏(47)が発表した「温故一九四二(1942年を訪ねる)」。邦訳はこのほど竹内実監修・劉燕子訳で中国書店から刊行された。
 1942年、河南省など華北一帯は激しい干ばつに襲われ、同省では約300万人が餓死。同省の農村出身の劉氏は郷里を取材して歩き、資料を調査して、当時の飢餓地獄の惨状をルポルタージュにまとめた。
ソース

どうでしょうか?うーん、私はこの本、断然読みたいな~と思っています。で、この記事に関連する中国語記事に以下のようなものがありました。作者のコメントと説明文です。

刘震云
  写作《温故一九四二》,已是13年前的事了。这是一篇在中国引起争议的作品,大家读完这部作品,就会明白争议的所在。其实这种争议,相对于这部作品,是一种误会。这篇作品写到了政治、战争、灾荒,一九四二年,正是中日战争的胶著状态,于是又涉及到人,有中国人,有日本人,有美国人。中国人中,又有国民党人和共产党人,是一盆杂拌粥。这时在我的故乡河南,发生了大面积的旱灾,赤地千里,饿殍遍野,不是因为灾荒,而是因为政治和战争。在政治和战争挤压出的真空地带,我的父老乡亲,在往陕西逃荒的路上,被饿死300万人。大家争议的焦点,是作者的态度。其实我的态度,并不是许多人读出来的态度。虽然写的是政治、战争和灾荒,但我并没有从这些角度出发,或者说,我写的也不是政治、战争和灾荒,而是一种复杂的生活;或者说,我是从生活的角度,而不是从政治和战争的角度,去打捞几十年前在逃荒路上饿死的那300万乡亲。这里有一个大和小的概念。世界上有60多亿人,两千多个民族,尽管人种不同,社会制度不同,文化积累不同,宗教和信仰等也不同,但对大和小的认识,大体是相同的,即认为社会比生活要大,政治和宗教又比社会大,控制著社会,这是人类到目前为止的认识和实践,但我恰恰认为,不仅仅是一九四二年,到目前为止,这是人类纠纷、暴力和战争的起源。我们看一看目前的中东地区,就会明白这一点。其实具体到每一个人,每天清早遇到的问题,和人类的结论恰恰相反。他遇到的生活比社会大,人比生活大;具体到一九四二年,一个灾民如何活下去,又比政治和战争要大。从短期看,政治和战争改变了历史;从长远看,却是灾民的一顿饭,改变了历史。《温故一九四二》写出来以后,中国的一位著名导演,一直约我把它改编成一部电影,想把它拍成波澜壮阔和震撼人心的民族心灵史。剧本写出来了,拍电影的钱也到位了,也是因为这些争议,和认识角度的不同,暂时搁浅了。这也是另一种误会,就像《温故一九四二》中不同的人,产生不同的误会一样。但我想,有误会是正常的,等大家超越误会的时候,就会有一个取得相同认识的契机。也许在不长的时间里,大家能看到《温故一九四二》的另一种表达形式。
  这本书中另一篇作品《头人》,是我18年前写出来的,写的是一个村庄百年政权的更替。发表之后,大家也有争议。现在和《温故一九四二》放到一起,也许可以互为注脚和映衬。
  谢谢每一个读了这本书的日本朋友。
  二00六年一月,北京

  关于《温故1942》和《头人》刘燕子
  刘震云的中篇小说《温故1942》和《头人》,由刘燕子翻译成为日文,竹内实监修,2006年3月由中国书店出版。
  前者描写的是1942年-1944年之间,由于大旱灾、大蝗灾,河南省3000万民众饿死了十分之一的人口300万。1943年美国《时代》周刊的记者白修德、英国《泰晤士》报记者哈里逊.福尔曼通过宋庆龄向蒋介石报告了“在大面积受灾和饿死人的情况下,政府向这个地区所徵的实物税和军粮任务不变”。另外还有300万人逃荒,卖儿卖女,狗吃人,人吃人。“同情心、家属关系、习俗和道德都已荡然无存,人们唯一的想法就是要吃饭,饥饿主宰了世界上的一切”。《大公报》记者一篇6000文字的《豫灾实录》记录了3000万人的真实情况,被迫停刊3天。哀鸿遍野、赤地千里,外国记者偶尔泄漏的电报让美国人知道了河南饿死人的情况,许多人的生命得到了挽救。传教士在谈到设立粥场的动机时说:“至少要让他们像人一样死去”。蒋委员长不得不下达救灾命令,但是政府官员黑心黑肺,看著人民死亡,还在继续盘剥人民。所谓救灾运动,只是一场给洋人看的闹剧。
  “后来事实证明,河南人没有全部被饿死。当时为什么没有死绝呢?是政府又采取了什么措施吗?不是。是蝗虫又自动飞走了吗?不是。那是什么?是日本人来了□□1943年,日本人开进了河南灾区,这救了我的乡亲们的命。日本人在中国犯了滔天罪行,杀人如麻,血流成河,我们与他们不共戴天;但在一九四三年冬至一九四四年春的河南灾区,却是这些杀人如麻的侵略者,救了不少乡亲们的命。他们给我们发放了不少军粮。我们吃了皇军的军粮,生命得以维持和壮大。”
  “在我们这些行将饿死的灾民面前,是宁肯饿死当中国鬼呢,还是不饿死当亡国奴呢?我们选择了后者。这是我温故一九四二,所得到的结论”。
  《头人》以一个村庄为视点,描写了中国近百年的政权交替中权利对人的尊严与人性的戕害和凌辱,同时民众对于权利的势利、卑怯与无耻,使得权利得以畅行的二重结构和历史话语的虚构。
  作家摩罗说“刘震云的过人之处在于他对中国生活的最痛切的体悟、最深刻的洞悉,以及对其体悟和洞悉的外具谐谑效果,内具耻辱意蕴的艺术表现”。
ソース

いかがでしたでしょうか?どなたか、読まれた方、感想をお聞かせ下さーい!!

★お知らせ★
新しいHPを立ち上げました!その名も「こどもに教えたい中国語」です。
幼児&小学生&ママさん向けの中国語学習情報が満載です。FLASHで見られる中国語の童謡やアニメなどのご紹介もしています。是非ご訪問してみて下さいね!
こどもに教えたい中国語
[PR]

by saiko-ch | 2006-05-05 22:31 | 日中関係

ニュース!靖国参拝に中国は…

ニュースです!ご存知かとは思いますが、本日、小泉首相がまたしても靖国神社を参拝しました。以下は各メディアによるニュースです。

【北京17日時事】華僑向け通信社、中国新聞社は17日、外国通信社の報道を引用する形で小泉純一郎首相が靖国神社に参拝したことを報じるとともに、「靖国神社は日本の過去の軍国主義の象徴であり、今回の行動は日本の隣国を激怒させるはずだ」とする評論家のコメントを紹介した。(時事通信)

【北京17日共同】中国の王毅駐日大使は17日、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を受けて「中国政府は小泉首相のいかなる形式での靖国参拝にも断固反対する」との談話を発表した。中国側が対日姿勢を硬化させるのは必至で、従来の首脳相互訪問拒否に加え、経済、文化など政治以外の分野で報復的な措置に踏み切る可能性も否定できない。
 中国では同日未明の有人宇宙船「神舟6号」の無事帰還で祝賀ムードが広がっていただけに、首相の靖国参拝で冷や水を浴びせられた形だ。新華社通信は、靖国参拝をただちに報道した。
 胡錦濤国家主席は9月3日の演説で、日中関係に多くの時間を割き対日重視を堅持する姿勢を表明。中国としては、抗日戦争勝利60周年の一連の記念活動に一区切りを付け、関係改善の機運をつくろうとしていた。(共同通信)

そして中国語による同じ内容のニュースです。以下のソースはすべて新華網から引用しています。

新华网东京10月17日电(记者冮冶)日本首相小泉纯一郎不顾日本国内外舆论的强烈反对,于17日上午再次参拜了供奉有甲级战犯牌位的靖国神社。这是小泉2001年4月就任首相以来第5次参拜靖国神社。
战前,靖国神社既是国家宗教设施,也是军事设施,它从一开始就与军国主义有着密不可分的关系。在日本对外侵略中,军国主义势力利用靖国神社煽动崇拜天皇、为天皇陛下赴死的军国主义情绪,为侵略战争服务。战后,靖国神社改为独立的宗教法人,但其作为军国主义精神支柱的影响依然存在。1978年,东条英机等14名甲级战犯被作为“昭和殉难者”祭祀于靖国神社。
包括中国人民在内的亚洲各国人民始终坚决反对日本领导人参拜靖国神社,认为日本领导人的这一举动严重伤害了受害国人民的情感。中国政府一贯认为,只有正确认识和对待历史,坚持“以史为鉴、面向未来”,才有利于中日睦邻友好关系的健康稳定发展,有利于日本取信于亚洲邻国和国际社会,符合日本人民的长远利益。(完)
中国驻日大使强烈谴责小泉参拜靖国神社
中国驻日本大使王毅17日上午就日本首相小泉纯一郎参拜靖国神社一事发表谈话,强烈谴责小泉参拜靖国神社。
王毅说,中国政府坚决反对小泉首相在任何时间、以任何形式参拜供奉着日本甲级战犯的靖国神社。他还说,17日是中国的神舟六号载人航天飞船胜利返回之日,中国人民正在庆贺,小泉在这一天参拜靖国神社也是对全体中国人民的严重挑衅。

口惜しいのが、最近になって胡錦濤国家主席が、日本に対する政策を転換する意向であると表明した矢先であることです。これでまた、中国では暴動が、日本では反中意識がまたしても高まってしまうのでしょうか。すでに北京の日本大使館は、「中国当局は靖国参拝に一貫して厳しい態度を示しており、中国政府や民衆から強い反応が示されることもあり得る」として、在留邦人に緊急注意を呼び掛けています。
私としても、翻訳者、日中友好を旨とするものとして、非常に口惜しいです。以前の靖国参拝の際にも、翻訳の仕事は激減してしまいました。(暴動を恐れた日本企業が中国進出を手控えたため)中国のテレビを見ると、最近ずっと「神舟」のことが報道されていて、お祭りムードだったのに、こんなニュースをこの時期に…と思うと、残念でなりません。また。皆さんはどう思われますか?また、カテゴリ「日中関係」の私の翻訳記事もご参考に読んで頂きたいと思います。
[PR]

by saiko-ch | 2005-10-17 13:47 | 日中関係

「日本はなぜ第二次世界大戦の史実を直視し得ないのか」

以下は某記者による日本考察です。第二次世界大戦終結60周年の今日、一読の価値ある記事と思い、翻訳してみました。日中関係を考える上での参考にして頂けたらと思います。(福田)

第二次世界大戦中、日本軍は中国を侵略した。筆舌に尽くしがたい罪を犯し、中国にもたらした直接的、間接的財産及び経済損失は5,000億ドル以上に達し、3,500万人に上る同胞を死傷させた。ドイツのファシズムと比較しても、日本軍の罪業は引けを取ることがない。しかし1972年より、毎年夏になると10名以上の閣僚らがA級戦犯を祀る靖国神社を公式参拝している。影響力を持つ自民党議員たちは、その都度この参拝は侵略戦争を肯定するものではないとの見解を表明している。また一部のメディアもその見解に付和雷同している。1998年12月22日、東京高等裁判所において、戦争犯罪を懺悔した旧日本軍兵士の控訴は棄却された。(注※1)このような日本の対応と対象的なのが、ドイツである。ドイツはこれらの史実を自国の教科書に掲載し、さらに幾度と無い謝罪を繰り返している。元西ドイツ首相であるヴィリーブラントは、70年代にワルシャワを訪問し、ユダヤ人被害者の記念碑に献花して、長い時間そこに跪き懺悔をしていたと言う。新首相のシュレイダーは、ドイツ企業の戦争中の強制労働問題に対して明確に責任を表明している。日本とドイツ間に生まれたこの天と地ほどの差異の原因はどこにあるのだろうか。
ドイツと比較すれば、日本のファシズム軍国主義勢力が戦後に受けた粛清や打撃は、ドイツのファシズムが蒙ったものとは比較にならないほど軽微なものである。
 資料によれば、極東国際軍事裁判及び連合国中国戦区軍事裁判が処罰した戦争犯罪者(判決後無罪となった者を除く)は総計約400名である。その後アメリカ軍によって2度、A級戦犯者の釈放が行われている。細菌兵器製造の戦争犯罪が免責されているだけでなく、日本軍の支那派遣軍総司令官だった岡村寧次さえも南京政府より無罪放免されている。これらの状況と比較すれば、ドイツではニュールンベルク国際法廷においてナチスのA級戦犯は死刑判決を受けて執行され、さらにB級のさまざまな戦犯らも秘密裏に処刑されている。近年、イギリスやその他各国の機密文書の開示によって、戦後、イギリス及びイスラエルなどの国々がB級ナチス戦犯を秘密裏に追及するため特殊部隊をドイツに投入していたことが判明した。第二次世界大戦終結後、イギリスのチャーチル首相は、ナチス戦犯に相応しい処罰が与えられないことを案じ、イギリス軍に秘密裏に特殊部隊を組織するよう命じている。特殊部隊は深夜人々が寝静まった頃、悪名高いナチスの残党を連合国軍当局が召喚したとして自宅から郊外へ連れ出し、裁判を行わないまま森の奥深く銃殺刑に処した。
 ドイツと比較すると、日本ファシズムの基礎を形作った封建専制軍国主義文化の要素は、戦後においても未だ徹底的に払拭されてはいない。
 第二次世界大戦後、旧ソ連軍は東ドイツの社会制度を徹底的に改革し、連合国軍は西ドイツにおいて非ナチス化を推進した。日本においては、軍国主義に関するいくつかの文化的要素、例えば神格化された天皇に深くかかわる先祖崇拝、家長制、集団主義などに対して、未だに徹底的な改革は行われていない。戦犯の位牌を祀る靖国神社への年1回の参拝儀式も、右翼による国家主義や熱狂的愛国主義を称揚し、第二次世界大戦の歴史の改竄を奨励しているかのようである。戦争において非常に重大な責任のある日本国天皇は、戦後も依然として崇め奉られている。
 日本は中国の自尊心が打ち砕かれていないことを軽視しつつ、経済的発展とともに台頭してきた。
 第二次世界大戦前、日本の熱狂的愛国主義たちは中国のことを、「東亜病夫」(アジアの臆病者)と呼んだ。19世紀頃より日本は、自国が特殊な卓越した民族でその他の民族を統治することのできる能力や使命を帯びているといった神話を作り上げてきた。盧溝橋事件後、日本は中国を3ヶ月で滅亡に追い込むと名言し、表に現れ出た中国の自尊心をないがしろにしてきた。第二次世界大戦末期、アメリカ軍による2回の原爆投下後、旧ソ連軍は枯葉をなぎ倒すような勢いで関東軍を壊滅させ、日本を降伏へと追い込んだ。よって多くの日本ファシストにしてみれば、日本は中国に打ち負かされたわけではないのである。
 20世紀下半期、日本は再び経済超大国として頭角を現した。これも日本国内の熱狂的愛国主義にとってみれば、日本が中華民族より秀でていることの証明であるようだ。
 日本の国民的性格とは。西欧の学者ベネディクトは、東方文化及び日本文化を称して「恥の文化」、これに対して西欧文化を「罪の文化」と規定している。西欧人の見解では、罪の認識は救いを得るために不可欠で、罪を悔い改めて後、初めて救いを得ることができる。しかし面子を重んじることを重要な原則とする日本文化、その最たるものが日本の武士であった。彼らにとって失敗とは、死をもってしか雪ぐことのできない恥辱なのである。第二次世界大戦の史実を改竄しようとする行動は、まさしく現代の日本右翼勢力がそういった文化的性格を継承していることの現れである。
 しかしここで明記しておくべきは、著者は報復主義を奮起したいわけでもなく、日本の天皇制の廃止を唱えたいわけでもないことである。日本は民主主義であり、日中友好を主張しており、かつ歴史を反省している誠実な人々も数多くいるということを著者も知っている。そのような主義主張や人々が、第二次世界大戦の史実を改竄する流れを退けたとき、日本は真に偉大な民族となり得るのではないだろうか。

※訳者注釈1 「南京大虐殺」の事実を綴った著作の記述が名誉毀損に当たるとして起訴され、その訴訟に敗れた東史郎氏の裁判。
(著者/何平)
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-15 16:25 | 日中関係