「日本はなぜ第二次世界大戦の史実を直視し得ないのか」

以下は某記者による日本考察です。第二次世界大戦終結60周年の今日、一読の価値ある記事と思い、翻訳してみました。日中関係を考える上での参考にして頂けたらと思います。(福田)

第二次世界大戦中、日本軍は中国を侵略した。筆舌に尽くしがたい罪を犯し、中国にもたらした直接的、間接的財産及び経済損失は5,000億ドル以上に達し、3,500万人に上る同胞を死傷させた。ドイツのファシズムと比較しても、日本軍の罪業は引けを取ることがない。しかし1972年より、毎年夏になると10名以上の閣僚らがA級戦犯を祀る靖国神社を公式参拝している。影響力を持つ自民党議員たちは、その都度この参拝は侵略戦争を肯定するものではないとの見解を表明している。また一部のメディアもその見解に付和雷同している。1998年12月22日、東京高等裁判所において、戦争犯罪を懺悔した旧日本軍兵士の控訴は棄却された。(注※1)このような日本の対応と対象的なのが、ドイツである。ドイツはこれらの史実を自国の教科書に掲載し、さらに幾度と無い謝罪を繰り返している。元西ドイツ首相であるヴィリーブラントは、70年代にワルシャワを訪問し、ユダヤ人被害者の記念碑に献花して、長い時間そこに跪き懺悔をしていたと言う。新首相のシュレイダーは、ドイツ企業の戦争中の強制労働問題に対して明確に責任を表明している。日本とドイツ間に生まれたこの天と地ほどの差異の原因はどこにあるのだろうか。
ドイツと比較すれば、日本のファシズム軍国主義勢力が戦後に受けた粛清や打撃は、ドイツのファシズムが蒙ったものとは比較にならないほど軽微なものである。
 資料によれば、極東国際軍事裁判及び連合国中国戦区軍事裁判が処罰した戦争犯罪者(判決後無罪となった者を除く)は総計約400名である。その後アメリカ軍によって2度、A級戦犯者の釈放が行われている。細菌兵器製造の戦争犯罪が免責されているだけでなく、日本軍の支那派遣軍総司令官だった岡村寧次さえも南京政府より無罪放免されている。これらの状況と比較すれば、ドイツではニュールンベルク国際法廷においてナチスのA級戦犯は死刑判決を受けて執行され、さらにB級のさまざまな戦犯らも秘密裏に処刑されている。近年、イギリスやその他各国の機密文書の開示によって、戦後、イギリス及びイスラエルなどの国々がB級ナチス戦犯を秘密裏に追及するため特殊部隊をドイツに投入していたことが判明した。第二次世界大戦終結後、イギリスのチャーチル首相は、ナチス戦犯に相応しい処罰が与えられないことを案じ、イギリス軍に秘密裏に特殊部隊を組織するよう命じている。特殊部隊は深夜人々が寝静まった頃、悪名高いナチスの残党を連合国軍当局が召喚したとして自宅から郊外へ連れ出し、裁判を行わないまま森の奥深く銃殺刑に処した。
 ドイツと比較すると、日本ファシズムの基礎を形作った封建専制軍国主義文化の要素は、戦後においても未だ徹底的に払拭されてはいない。
 第二次世界大戦後、旧ソ連軍は東ドイツの社会制度を徹底的に改革し、連合国軍は西ドイツにおいて非ナチス化を推進した。日本においては、軍国主義に関するいくつかの文化的要素、例えば神格化された天皇に深くかかわる先祖崇拝、家長制、集団主義などに対して、未だに徹底的な改革は行われていない。戦犯の位牌を祀る靖国神社への年1回の参拝儀式も、右翼による国家主義や熱狂的愛国主義を称揚し、第二次世界大戦の歴史の改竄を奨励しているかのようである。戦争において非常に重大な責任のある日本国天皇は、戦後も依然として崇め奉られている。
 日本は中国の自尊心が打ち砕かれていないことを軽視しつつ、経済的発展とともに台頭してきた。
 第二次世界大戦前、日本の熱狂的愛国主義たちは中国のことを、「東亜病夫」(アジアの臆病者)と呼んだ。19世紀頃より日本は、自国が特殊な卓越した民族でその他の民族を統治することのできる能力や使命を帯びているといった神話を作り上げてきた。盧溝橋事件後、日本は中国を3ヶ月で滅亡に追い込むと名言し、表に現れ出た中国の自尊心をないがしろにしてきた。第二次世界大戦末期、アメリカ軍による2回の原爆投下後、旧ソ連軍は枯葉をなぎ倒すような勢いで関東軍を壊滅させ、日本を降伏へと追い込んだ。よって多くの日本ファシストにしてみれば、日本は中国に打ち負かされたわけではないのである。
 20世紀下半期、日本は再び経済超大国として頭角を現した。これも日本国内の熱狂的愛国主義にとってみれば、日本が中華民族より秀でていることの証明であるようだ。
 日本の国民的性格とは。西欧の学者ベネディクトは、東方文化及び日本文化を称して「恥の文化」、これに対して西欧文化を「罪の文化」と規定している。西欧人の見解では、罪の認識は救いを得るために不可欠で、罪を悔い改めて後、初めて救いを得ることができる。しかし面子を重んじることを重要な原則とする日本文化、その最たるものが日本の武士であった。彼らにとって失敗とは、死をもってしか雪ぐことのできない恥辱なのである。第二次世界大戦の史実を改竄しようとする行動は、まさしく現代の日本右翼勢力がそういった文化的性格を継承していることの現れである。
 しかしここで明記しておくべきは、著者は報復主義を奮起したいわけでもなく、日本の天皇制の廃止を唱えたいわけでもないことである。日本は民主主義であり、日中友好を主張しており、かつ歴史を反省している誠実な人々も数多くいるということを著者も知っている。そのような主義主張や人々が、第二次世界大戦の史実を改竄する流れを退けたとき、日本は真に偉大な民族となり得るのではないだろうか。

※訳者注釈1 「南京大虐殺」の事実を綴った著作の記述が名誉毀損に当たるとして起訴され、その訴訟に敗れた東史郎氏の裁判。
(著者/何平)
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-15 16:25 | 日中関係

おすすめの中国語関連書籍

こちらでは私の持っている中国語関連書籍の中でも、特におすすめな本をリストアップしています。度々更新していこうと思っています。

1.「中国語インターネット用語集」
 莫 邦富/載 嶸編者、(株)ジャパンタイムズ
 数ある単語集の中でも、特にお世話になっている本。しかし最近、どんどん新しい単語が出てきて、ないものも確かに増えている(^^;

2.「現代漢語八百詞」(邦題「中国語文法用例辞典)
 呂叔湘主編、商務印書館
 私の持っているのは中国語のもの。しかし日本語版も出ています。高価だけど、一読の価値あり。収録語数1000語の意味と用法を豊富な例文とともに解説しています。
           
3.「中国語作文伝授」
 張一帆/榎本英雄監修、(株)日中通信社
 これは番外編。私が中国語を学習してまもないころ、参加した作文コンクールで入賞した作品が載っています。(しかし当時は未婚だったため、旧姓で)
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-12 15:51 | おすすめ中国語関連書籍

財団法人 日本フォスター・プラン協会について

 フォスター・プランは、国連に公認・登録されたNGOで、現在、アジア・アフリカ・中南米の45ヶ国で、地域の人たちの積極的な参加のもと、子どもたちをとりまく生活環境の向上を目指し、多岐にわたる開発援助プロジェクトを進めています。その活動を主に支えているのが、月々の援助金を提供するフォスター・ペアレント。フォスターペアレントからの援助金は、フォスター・プランの活動地域全体を長期的に支援する地域開発プロジェクトのために利用されます。フォスタ-・ペアレントは、日本に約5万2千人、世界15ヶ国に約100万人も存在しています。また一方で、フォスター・ペアレントには、そのプロジェクトによって恩恵を受ける地域に住む子ども、「フォスタ-・チャイルド」が1人紹介されます。フォスタ-・チャイルドとは手紙などのやり取りを通じて、精神的な交流を育むことができます。このようなシステムにより日本にいながらにして、途上国とのつながり、支援の手応えを感じることができるのです。
 私自身もフォスターペアレントであり、さらにフォスターチャイルドへの手紙の翻訳ボランティアにも参加しています。フォスターペアレント以外にも、さまざまな支援の方法があります。宜しければ、是非ご参加下さい!一緒に途上国で貧困などに悩む子供たちを支援しましょう!
詳細についてはリンク集、またはこちらから。

[PR]

by saiko-ch | 2005-08-12 14:30 | プランジャパンについて

リンク集

リンクに関してはご自由になさって下さい。こちらへの連絡は不要です。相互リンクご希望の場合は、メールにてお願い致します。Eメール:saiko(アットマーク)j-tree.com

製造技術者と通訳のための工業中国語講座

情報量NO1の中国総合情報サイト
ALA! 中国


上海の情報ならなんでも揃うまるごと上海

カフェDEチャイニーズ中国語教室
東京大阪を中心にカフェ等で学ぶ中国語のプライベートレッスン。講師の紹介等。

中国語教室ビーチャイニーズ
池袋、飯田橋、新橋駅近く。検定対策/ビジネス/子供向けコース等。少人数、会話中心、自由予約、格安の中国語教室。給付金有、企業研修/通訳も。

中国で日本語教師
中国での日本語教師の求人・募集情報集。あなたも中国で日本語教師をしてみませんか?

台湾留学で短期間に中国語(北京語)ネット宿舎
台湾の小島・澎湖島で中国語を徹底的に学んでみませんか? 宿舎完備です。

日中戦争で生き残ったある兵士の記録おじいちゃんの従軍記

日本キリスト教団佐世保教会(中国語)

途上国の子どもたちといっしょに地域援助を行う国際NGOプラン・ジャパン

長崎県東彼杵郡波佐見町の公式HP波佐見町公式HP

仲良しの女優さんの音声ブログちよちよ元気!

長崎平和宣言HP
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-12 00:00 | リンク集

ごあいさつ

非常欢迎到「日语翻译 福田彩子」之页做客!!
中国語翻訳者、福田彩子です。

このブログでは、翻訳などのお仕事をお引受するとともに、私の仕事上で使用した単語集や中国語の短編小説の日中対訳文、また中国語の聖書などを掲載していこうと思っています。中国や中国語が好きな方、現役翻訳者の方、または翻訳者を目指している方、さまざまな方々に見て頂きたい!
またコメントやトラックバックなど、お気軽にしてみて下さいね。では、どうぞごゆっくりおくつろぎ下さい・・・
注:リンクに関してはご自由になさって下さい。連絡は不要です。
相互リンクご希望の場合は、メールにてお願い致します。
Eメール:info(アットマーク)j-tree.com

★翻訳のご依頼の方は→「翻訳業務について」
★翻訳者を目指す方は→「翻訳者のひとりごと」
★中国語の聖書を覗いてみたい方は→「中国語聖書(聖経)」
★中国の小説が読みたい方は→「中国語現代小説」
★福田彩子の経歴を知りたい方は→「プロフィール」
★現役翻訳者で専門用語を知りたい方→「中国語単語集」
★中国語書籍をお探しの方は→「おすすめの中国語関連書籍」
★日中関係を深く考察したい方は→「戦後60周年を迎えて」
★在宅業務と子育てについて知りたい方は→「子育てと翻訳」
★途上国の子供たちをサポートしたい方は→「日本フォスタープランについて」

尚、このブログ上で私が作成した翻訳文に関しては、著作権を放棄していませんので、悪しからず宜しくお願いします(^^)

★メールマガジン始めました!「こどもに教えたい中国語」ブログでご紹介する“ひとこと中国語”をはじめ、中国ニュース、おすすめの教材などの情報が盛りだくさん!
ご登録はこちら

★リンクに関してはご自由になさって下さい。連絡は不要です。相互リンクご希望の場合は、メールにてお願い致します。Eメール:info(アットマーク)j-tree.com
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-10 16:47 | ごあいさつ

中国語の聖書(聖経)

私はクリスチャンなので、聖書を中国語でご紹介したいと思います。もしご興味がおありなら、日本語の聖書も紐解いてみて下さい。中国語の勉強にもなりますよ♪では、まずマタイによる福音書から。

「凡劳苦担重担的人可以到我这里来,我就使你们得安息。我心理柔和谦卑,你们当负我的轭,学我的样式;这样,你们心理就必得享安息。因为我的轭是容易的,我的担子是轻省的」
马太福音(マタイによる福音書)11.28-30

これは有名な「愛」を語った一説です。

「爱是恒久忍耐,又有恩慈;爱是不嫉妒;爱是不自夸,不张狂,不做害羞的事,不求自己的益处,不轻易发怒,不计算人的恶,不喜欢不义,只喜欢真理;凡是包容,凡是相信,凡是盼望,凡是忍耐。爱是永不止息」
哥林多前书(コリント信徒への手紙一)13.4-8

次は個人的に大好きな「ローマ信徒への手紙」から。

「他必照各人的行为报应各人.凡恒心行善、寻求荣耀、尊贵和不能朽坏之福的,就以永生报应他们;惟有结党、不顺从真理、反顺从不义的,就以忿怒、恼恨报应他们;将患难、困苦加给一切作恶的人,先是犹太人,后是希腊人,却将荣耀、尊贵、平安加给一切行善的人,先是犹太人,后是希腊人.因为神不偏待人.
罗马书2.6-11

今度は旧約聖書から。(上記はみな新約聖書です)

「你要保守你心,胜过保守一切,因为一生的果效是由心发出.你要除掉邪僻的口,弃绝乖谬的嘴.你的眼目要向前正看;你的眼睛当向前直观.要修平你脚下的路.坚定你一切的道.不可偏向左右;要使你的脚离开邪恶」
箴言4.23-27
「你要喝自己池中的水,饮自己井里的活水」
箴言5.15

次はまた新約聖書から。とても励まされる御言葉です。
「所以我告诉你们,凡你们祷告祈求的,无论是什么,只要信是得着的,就必得着」
马克福音11.24

尚、中国語の聖書ですが、キリスト教書籍を専門に扱っている書店であれば、大体どこででも購入できると思います。東京ですと、銀座教文館書店とか、西新宿のオアシスブックセンターとか。私の持っているものは黒い表紙のけっこうしっかりした装丁で、簡体字で書かれています。値段は・・ごめんなさい、忘れました!が、そんなに安くはなかったと思います。しかし中国人の友人がいらっしゃる方ならば、その方に中国国内のキリスト教会に行ってもらって購入してもらうのも一案です。その方が軽くて安いものが手に入るかもしれませんね。
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-10 16:27 | 中国語聖書

翻訳者はつらいよ

翻訳者とは、フリーランサーです。フリーターではないけれど、何の保障もありません。しかし「役者と乞食(この言葉、いいのでしょうか?)は三日やったらやめられない」という言葉がありますが、まさに、「訳者と乞食は三日やったらやめられない」という職業です。自分のつむぎだす言葉によって、本来言葉の通じ合わなかった人と人とが理解し合い、交流できるようになる。この感動は、何にも換え難いものです。そして、仕事が忙しい時に限って、体調が悪くなる、仕事が重なる、子供が病気する・・・ああ、何と悩ましい、しかし抗いがたい魅力のある職業なのです。ナショナリズムが徐々に過激化して来そうな昨今、言葉をもって人を攻撃するのではなく、言葉をもって友好交流を深めていけるよう、ただ祈る毎日です。

翻訳者になるには1.

以前、私の尊敬する通訳者の先生が言っておられました。
「第二言語は母語以上のレベルには達し得ない。つまり、翻訳・通訳を仕事にしたいのならば、まず日本語を磨くべし」
翻訳業を営んでおりますと、その言葉の意味がしみじみと実感できます。ちまたでは幼児から英語教育をさせるママさんたちが溢れているようですが、まずは美しい日本語を使えるようにならないと、語学のプロフェッショナルどころか、バイリンガルには到底なれそうにないのでは??そして日本語を磨くためにはどうすればいいのでしょう。これには小さいうちより美しい日本語を学ばせる、つまり読書するのが一番である、と私自身の経験から思います。これはもちろん、翻訳者になりたい方に伝えたいことですね。第二言語は学習と経験でなんとかなるかもしれないけれど、母語のセンスがないと仕事にはつながらないと感じています。 つづく

翻訳者になるには2.

「言葉」を伝えること。それは「心」「思い」を伝えることに他なりません。これも昔、通っていた通訳学校の先生(上記の先生とはまた別の人)がおっしゃっていたのですが、
「一つの言葉の裏にあるモヤモヤをもう一つの言葉にすること」
これ、とても良い表現だと思いました。すなわち、外国語そのままを翻訳なり通訳してしまうのではなく、「言葉にならないモヤモヤした思い」まで遡って日本語に置き換えて考えてみる。自分の言葉で、或いは必要な専門用語、日本語らしい形式で。翻訳&通訳ということが、まさに新しい可能性を引き出す文学である、と実感する瞬間ですね。
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-10 14:52 | 翻訳者のひとりごと

翻訳者のひとりごと

またか、という感じです。
以前にも文書翻訳の最中に、中国当局から文書を日本語化することに対するクレームが来て、翻訳作業が中断になったことがあった。今回は字幕翻訳の仕事が決まった矢先に、又しても当局側から映画内容についてのクレームが・・・。。
日本の首相の動向によって抗日運動が勃発、それに伴う日本企業への影響、そして翻訳業務の減少・・・中国語翻訳を仕事としていると、本当に政府その他の政治的影響をもろにうけてしまうなぁとつくづく実感します。
とにかく、中国も日本ももっと仲良くして、この小さな翻訳者にも仕事を下さい!そしてもっと言論の自由、出版の自由が確保されて欲しいと願う今日この頃でした。
[PR]

by saiko-ch | 2005-08-09 17:11 | 翻訳者のひとりごと