中国語中上級講座

大家好!お待たせ致しました、1ヶ月半ぶりの中国語講座ですー!もう随分前だから忘れちゃったかしら~??4月17日のページをご参照下さい。下記はその時お出しした練習問題の解答です。

①石油也煤一样,是太古时期在地球上生存的生物残骸分解形成的。
②我们平素互相无话不谈。
③田中老师从后面温柔地把手扶在小女肩上,让她向大家打招呼。
④也有人几乎不从自己的经验中有所得。
⑤他让祐子在自己前面按照今天所学的插了花。

さあ、本日も「逆訳」で参りましょう!そう、原語である日本語の語順を変えて、中国語の文法規則に従った訳文を訳出することでしたね。
今回は日本語の「否定形」、「現在進行形」の場合の中国語訳文についてご説明しましょう。

日本語の否定形や現在進行形を中国語に翻訳する場合、「不(没)」や「正(在)」を動詞の前に置くことになります。しかし、介詞連語の場合になると、ちょっと状況が変わってきます。中国語の語順に照らすと、それらの言葉は介詞連語の前に置かなければならなくなるのです。ここで言う介詞とは、「把、被、给、向、对、从、跟、此」などのことを指します。うーん、説明文だけ見ると、なんだか分からないですね~では、例題。

①福田彩子さんとその場所で会ったことはない。
訳文:没跟福田彩子在那里见过面。

訳文の中には「跟」、「在」という二つの介詞がありますね。だから否定詞である「没」はその前に置くことになるのです。決して、「跟福田彩子在那里没见过面」にしないで下さいね~!

②A室の上のハッチの穴から、他の部屋の連中がのぞき込んで見物していた。
訳文:其它客舱的一群人正从A室顶上的舱门孔偷看热闹。

上記の中国語、「从~」は介詞連語です。だから、「正」は「从」の前に置きましょう!

③赤帽は車内の誰かに、チップの礼を言っている。
訳文:红帽子正在向车上给小费的人道谢。

これも上の問題と同様、現在進行形。「向」という介詞の前に、「正在」を置きましょう。

④彼は飛行機のチケットをくれなかった。
訳文:他没把机票给我。

上記の文章は「チケット」を強調する構文ですよね。だから介詞「把」を使う。そして「没」はその前に置く!

今回は簡単だったかな?では、例題ですー!

①君はなぜ私に相談しないんだ?
②母が、井戸端で大根を洗っている。
③ご飯に対して不平を言わないようにして欲しいと思います。
④ここに越してきて以来、外部から電話のかかってきたためしがない。
⑤福田は宮本に何の報告もしなかった。
⑥このような方法でやらない方がいい。
⑦姉は弟のために、出発の準備をしている。
⑧時間がなかったので、会社のことを彼に紹介しなかった。

★お知らせ★
またオークションを再開しましたー!中国から輸入したDVDや教材など、学習に役立つ、そして面白い商品を大特価ご奉仕中!DVD、CDはみーんな800円!!
中国語DVD、CD、教材オークション

★お知らせその2★
「こどもに教えたい中国語」サイトに、中国語アニメを追加しました!もちろん無料で見られる、字幕やピンインのついた中国語アニメが盛りだくさん!是非学習の一助にして下さい!
こどもに教えたい中国語

★お知らせその3★
日本の事象、日本の生活、日本のすべてが中国語で読めます!日本の中国語情報を取り揃えたサイトです。
日本に住む人の中国語情報

★ジャワ島地震被災者救援募金★
ワールド・ビジョン
[PR]

by saiko-ch | 2006-05-31 15:38 | 中国語講座

「温故一九四二」

2006.5.17追記

すみません…最近、全然更新できていない…この頃、ミョーに忙しい、です。どうしてこう、波があるんだろう。。
一つ、お知らせです!
この度、「日本に住む人の中国語情報」というサイトを立ち上げました!
これ、実は在日中国人の方々のための情報サイトなんです。都道府県の行政の中国語HPから医療、生活、学習など、さまざまな日本についての中国語情報が網羅されています。
もちろん、ほとんどすべて中国語。でも書かれていることは日本の情報。だから中国語楽手巣者にも勉強になるかな~?と思います。以下、ちょっとのぞいてみて下さいね♪
日本に住む人の中国語情報

大家好!黄金周もあとわずかですねー!皆さん、どうお過ごしでしょうか?
今日は中国語講座はお休み、ちょっと気になる記事があったのでご紹介致します。
皆さん、この記事は読まれましたか?

「戦争の飢えを日本軍が救った」中国の作家が異色ルポ」
日中戦争さなかの1942年、大干ばつに見舞われた河南省の人々を救ったのは、なんと日本軍だった――。そんな史実を描いた、中国人作家のルポルタージュが日本語に翻訳され、注目を集めている。
主題は日本軍の「美談」ではなく、人間の「生きる」という営為は政治や戦争の善悪を超えるということ。人々の生活こそが歴史を作るとの作者の主張は、政治対立に翻弄(ほんろう)される日中関係に新たな視点を提供している。
 この作品は北京在住の人気作家、劉震雲氏(47)が発表した「温故一九四二(1942年を訪ねる)」。邦訳はこのほど竹内実監修・劉燕子訳で中国書店から刊行された。
 1942年、河南省など華北一帯は激しい干ばつに襲われ、同省では約300万人が餓死。同省の農村出身の劉氏は郷里を取材して歩き、資料を調査して、当時の飢餓地獄の惨状をルポルタージュにまとめた。
ソース

どうでしょうか?うーん、私はこの本、断然読みたいな~と思っています。で、この記事に関連する中国語記事に以下のようなものがありました。作者のコメントと説明文です。

刘震云
  写作《温故一九四二》,已是13年前的事了。这是一篇在中国引起争议的作品,大家读完这部作品,就会明白争议的所在。其实这种争议,相对于这部作品,是一种误会。这篇作品写到了政治、战争、灾荒,一九四二年,正是中日战争的胶著状态,于是又涉及到人,有中国人,有日本人,有美国人。中国人中,又有国民党人和共产党人,是一盆杂拌粥。这时在我的故乡河南,发生了大面积的旱灾,赤地千里,饿殍遍野,不是因为灾荒,而是因为政治和战争。在政治和战争挤压出的真空地带,我的父老乡亲,在往陕西逃荒的路上,被饿死300万人。大家争议的焦点,是作者的态度。其实我的态度,并不是许多人读出来的态度。虽然写的是政治、战争和灾荒,但我并没有从这些角度出发,或者说,我写的也不是政治、战争和灾荒,而是一种复杂的生活;或者说,我是从生活的角度,而不是从政治和战争的角度,去打捞几十年前在逃荒路上饿死的那300万乡亲。这里有一个大和小的概念。世界上有60多亿人,两千多个民族,尽管人种不同,社会制度不同,文化积累不同,宗教和信仰等也不同,但对大和小的认识,大体是相同的,即认为社会比生活要大,政治和宗教又比社会大,控制著社会,这是人类到目前为止的认识和实践,但我恰恰认为,不仅仅是一九四二年,到目前为止,这是人类纠纷、暴力和战争的起源。我们看一看目前的中东地区,就会明白这一点。其实具体到每一个人,每天清早遇到的问题,和人类的结论恰恰相反。他遇到的生活比社会大,人比生活大;具体到一九四二年,一个灾民如何活下去,又比政治和战争要大。从短期看,政治和战争改变了历史;从长远看,却是灾民的一顿饭,改变了历史。《温故一九四二》写出来以后,中国的一位著名导演,一直约我把它改编成一部电影,想把它拍成波澜壮阔和震撼人心的民族心灵史。剧本写出来了,拍电影的钱也到位了,也是因为这些争议,和认识角度的不同,暂时搁浅了。这也是另一种误会,就像《温故一九四二》中不同的人,产生不同的误会一样。但我想,有误会是正常的,等大家超越误会的时候,就会有一个取得相同认识的契机。也许在不长的时间里,大家能看到《温故一九四二》的另一种表达形式。
  这本书中另一篇作品《头人》,是我18年前写出来的,写的是一个村庄百年政权的更替。发表之后,大家也有争议。现在和《温故一九四二》放到一起,也许可以互为注脚和映衬。
  谢谢每一个读了这本书的日本朋友。
  二00六年一月,北京

  关于《温故1942》和《头人》刘燕子
  刘震云的中篇小说《温故1942》和《头人》,由刘燕子翻译成为日文,竹内实监修,2006年3月由中国书店出版。
  前者描写的是1942年-1944年之间,由于大旱灾、大蝗灾,河南省3000万民众饿死了十分之一的人口300万。1943年美国《时代》周刊的记者白修德、英国《泰晤士》报记者哈里逊.福尔曼通过宋庆龄向蒋介石报告了“在大面积受灾和饿死人的情况下,政府向这个地区所徵的实物税和军粮任务不变”。另外还有300万人逃荒,卖儿卖女,狗吃人,人吃人。“同情心、家属关系、习俗和道德都已荡然无存,人们唯一的想法就是要吃饭,饥饿主宰了世界上的一切”。《大公报》记者一篇6000文字的《豫灾实录》记录了3000万人的真实情况,被迫停刊3天。哀鸿遍野、赤地千里,外国记者偶尔泄漏的电报让美国人知道了河南饿死人的情况,许多人的生命得到了挽救。传教士在谈到设立粥场的动机时说:“至少要让他们像人一样死去”。蒋委员长不得不下达救灾命令,但是政府官员黑心黑肺,看著人民死亡,还在继续盘剥人民。所谓救灾运动,只是一场给洋人看的闹剧。
  “后来事实证明,河南人没有全部被饿死。当时为什么没有死绝呢?是政府又采取了什么措施吗?不是。是蝗虫又自动飞走了吗?不是。那是什么?是日本人来了□□1943年,日本人开进了河南灾区,这救了我的乡亲们的命。日本人在中国犯了滔天罪行,杀人如麻,血流成河,我们与他们不共戴天;但在一九四三年冬至一九四四年春的河南灾区,却是这些杀人如麻的侵略者,救了不少乡亲们的命。他们给我们发放了不少军粮。我们吃了皇军的军粮,生命得以维持和壮大。”
  “在我们这些行将饿死的灾民面前,是宁肯饿死当中国鬼呢,还是不饿死当亡国奴呢?我们选择了后者。这是我温故一九四二,所得到的结论”。
  《头人》以一个村庄为视点,描写了中国近百年的政权交替中权利对人的尊严与人性的戕害和凌辱,同时民众对于权利的势利、卑怯与无耻,使得权利得以畅行的二重结构和历史话语的虚构。
  作家摩罗说“刘震云的过人之处在于他对中国生活的最痛切的体悟、最深刻的洞悉,以及对其体悟和洞悉的外具谐谑效果,内具耻辱意蕴的艺术表现”。
ソース

いかがでしたでしょうか?どなたか、読まれた方、感想をお聞かせ下さーい!!

★お知らせ★
新しいHPを立ち上げました!その名も「こどもに教えたい中国語」です。
幼児&小学生&ママさん向けの中国語学習情報が満載です。FLASHで見られる中国語の童謡やアニメなどのご紹介もしています。是非ご訪問してみて下さいね!
こどもに教えたい中国語
[PR]

by saiko-ch | 2006-05-05 22:31 | 日中関係